ブローネマルクシステムインプラント

当院ではブローネマルクシステムインプラントを使用しております。

『ブローネマルクシステムインプラントとは?』
世界最高水準のブローネマルクシステムを導入しております。 ブローネマルクシステムのインプラントは、スウェーデン生まれの世界標準インプラントです。 チタン製のインプラント(フィクスチャー)とあごの骨との安全で確実な結合を実現するシステムが「ブローネマルクシステム」です。

新しい治療法 『インプラント』

歯を削らなくても良い方法、または入れ歯に代わる新しい治療法として、今、注目されているのが『インプラント』と呼ばれる方法です。歯科用のインプラントは、人工の材料を歯の根の代わりに顎の骨に埋め込むもので、現在、国際的にも広く認められたインプラントの学術名は、『オッセオインテグレイティッド・インプラント』といわれています。『オッセオインテグレイティッド・インプラント』は「骨に結合された」、インプラントは「埋め込む」という意味です。つまり人工の材料=金属を、顎の骨に強固に密着させることによって歯の根の動きを回復するもので、最新でかつ安全な治療法です。

インプラントの仕組み

インプラント治療というのは、顎の骨に、歯の根に代わる金属を埋め込むだけではなく、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療法です。その仕組みは右の図のようになっています。インプラントを利用すると、口の中に回復された歯は、入れ歯とは異なりしっかり固定されることになります。しかも違和感なく、天然の自分の歯とほどんど同じ感覚で噛むことができます。インプラント治療というのは、天然の歯と同様の機能と見栄えを回復する高度な治療法なのです。インプラント治療は、一本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合にも可能です。

インプラントを使用した症例

歯を1本失った場合

●前歯を失った場合
隣の天然の歯を削ることなく、自分の歯と同じような人工歯がインプラントで回復できます。
●奥歯を失った場合
ブリッジにすると、健康な天然歯を削らなくてはなりませんし、支える天然歯に負担がかかりますが、インプラントを使用することにより、歯を削らなくてもよく、負担をさけることができます。

歯を数本失った場合

●上の奥歯を失った場合
骨があり、インプラントが利用できると、自分の歯と同じような人工の歯ができます。ただし、上の奥歯の位置には骨が十分にないことがあります。
●下の奥歯を失った場合
下の奥歯の喪失は比較的よくみられるものですが、一番奥の歯がなくなると固定式のブリッジはできません。インプラントを利用すると、固定式の人工歯により回復ができます。

インプラント Q&A

Q.インプラント治療はだれでも受けられるのですか?

A.以前とは異なり、顎の骨の量がかなり少ない人でもインプラント治療を受けられるようになりました。しかし次のような人は、今のところ治療を受けることができません。

●全身的な問題
 ・一般の外科手術に耐えられない人
 ・重症の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する人
 ・喫煙量の多い人
 ・薬物やアルコール中毒の人

●局部的な問題
 ・顎の骨が極端に吸収されている人
 ・歯周病がコントロールされていない人
 ・相対する歯との間にスペースがとれない人
 ・歯ぎしりの強い人

その他、審美性が強く要求される場合、インプラントでの回復が難しい場合もあります。また、骨を再生しなくても場合でも、通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的に制約のある人には不向きです。



Q.インプラント治療は高齢者でも大丈夫?

A.上記以外の人であれば、インプラント治療はほとんどの人に可能です。骨粗鬆症と診断されている人でも、不可能ではありません。80歳を超える高齢者の治療例も報告されています。また、交通事故やスポーツなどのけがで歯を失った若年層の治療も、多く見られます。

医院情報とアクセスマップ

〒761-8045
香川県高松市西山崎町886-1
TEL/087-886-8900 FAX/087-886-8309

■診療時間
(平日) ○9:00~13:00  ○14:30~18:30(最終受付時間18:00)
(土曜日) ○9:00~13:00  ○14:30~17:00(最終受付時間16:30)
※休診日 木・日・祝日